趣味への入り口2

私が習い始めた頃はピアノの先生というと若い独身の女性が当たり前だったので、

途中で結婚して他所へ行ってしまう人が多かった。

私は小学生時代で4人の先生の所へ通った。幸いどこのお宅も割と近場だったので

自転車で毎週、休みたくても休めずせっせと通った。

最初から、それなりに弾ければいいという程度の気持ちだったから、優しい先生に代わってからは自宅での練習もそこそこになり、教本の進み具合も遅くなった。

でも、辞めるという選択は許されなかったので取りあえず通っていた。

2人目の先生はスレンダーな色白美人で対応も柔らかく練習はどうでもよかったけど

通うのは苦にならなかった。それにその先生が音大か高校かで同級生だったのが

私がその時好きで好きでたまらなかった売れっ子アイドル歌手で、クラス写真に一緒に写っているのを見せてもらうのが楽しくて仕方なかった。

その先生のお父さんは個人病院をされていて、息子さんが医大生でたまに帰宅されているようだった。ある日いつものように裏口の門をくぐってピアノのある部屋の前の庭を通っていたら、その時代の流行歌がピアノで力強く奏でられていた。ピアノの音色と聞きなれたポピュラーなメロディーがうまく相まって、何とも言えない衝撃をうけた。簡単に言うと「わああ、カッコイイ」ということかな。

あの美人の優しい先生が弾いてるんじゃないだろうと子供心にも感じた。

こんにちは、と言って部屋をのぞいたら見知らぬ男の人がピアノの前にすわっていて

かっこいい演奏をしていた。「あ、今日レッスンだったのね?ちょっと待っててね」と言っていつもの美人先生と交代した。

先生は「びっくりしたでしょ、あれ弟なのよ。大学が休みで帰省してるのよ」と説明してくれた。私は、医大に行ってるのにあんな風にピアノも弾けるんだ、ということに

また衝撃を受けた。あんなかっこいいピアノ演奏できたらいいな。そんなことを思った。